Profile

杉山英太郎  Eitaro Sugiyama

ジャズピアニスト、マルチピアニスト、作曲家、音楽プロデューサー。

福岡県出身。国立音楽大学卒業。大学在学中に国立モダンジャズ研究会を設立し所属。卒業後、都内ライブハウス、クラブ等を拠点に演奏活動を始める。五十嵐一生(Tp)、大友義雄(As)、宮地 傑(Ts)、マリア・エヴァ(Vo)等、第一線で活躍するジャズメン、ヴォーカリストと共演している。2000年、2002年と渡米し、現地の音楽に触れ腕を磨く。2008年11月、国際交流基金による「雪村いづみブラジル公演」のピアニストとしてブラジル・サンパウロ等で演奏し一躍脚光を浴びる。これまでホテルオークラ東京、スターバックスのライブイベントなど数々のイベントを手掛けている。また、小さな子供のうちからジャズを通して生の音楽を身近に体験してもらいたいという願いから、子供向けの曲をアレンジした杉山英太郎オリジナル企画「キッズジャズ」をプロデュース。

また、映画音楽のサウンドデザインやアーティストへの楽曲提供など作曲家としても活動する。

2014年、自身のオリジナル曲を含む初のアルバムとなる 「EITARO SUGIYAMA FIRST IMPRESSION」をリリース。

クラシックで培ったテクニックとジャズセンスが融合した端正な演奏は定評があり、今後の更なる活躍が期待されている。現在、「Eitaro Super Jazz Band」を率いて活動するほか、自身のソロ活動「ピアノ エクスプローラー」シリーズを始める。

オーケストラプレゼンターアーティスト。